# 地図

# 洪水・土砂災害危険箇所

各地域で開催された住民懇談会で把握された洪水・土砂災害時の危険箇所をとりまとめた地図です。危険箇所を選択すると、内容が表示されます。

情報 内容
危険箇所 住民懇談会で把握された危険箇所
土砂災害の危険性 岩手県により指定された土砂災害警戒区域
※一部指定準備中の区域が含まれます。
洪水の危険性 想定最大規模の洪水による鵜住居川・甲子川・小川川の浸水想定区域

# 洪水浸水想定区域

岩手県により作成された河川別、洪水規模別の浸水想定区域が表示されます。

# 河川

河川を選択します。

河川 内容
鵜住居川・甲子川・小川川 各河川の浸水想定
全河川統合 鵜住居川・甲子川・小川川の最大包絡

# 規模

洪水の規模を選択します。

洪水規模 内容
計画規模 河川整備で目標としている降雨による浸水
想定最大規模 想定し得る最大規模の降雨に伴う洪水による浸水

# 種類

表示の内容を選択します。

洪水規模 内容
浸水深 浸水の深さの最大値
浸水継続時間 50cm以上の浸水が継続する時間
※洪水規模が想定最大規模の場合のみ選択できます。

# 津波浸水実績・浸水想定区域

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)による津波の浸水実績と内閣府により想定された「日本海溝(三陸・日高沖)最大クラス地震」(令和2年4月公表)の津波による浸水想定を表示します。

種別 地震 震源地 マグニチュード
実績 東北地方太平洋沖地震 三陸沖 9.0
想定 日本海溝(三陸・日高沖)最大クラス地震 三陸・日高沖 9.1

# 種類

種類 内容
【実績・想定】浸水域 2つの地震による津波の浸水範囲
【実績 浸水深】東北地方太平洋沖地震津波 東北地方太平洋沖地震による津波の浸水深の実績
【想定 浸水深】日本海溝(三陸・日高沖)最大クラス地震津波 日本海溝(三陸・日高沖)最大クラス地震による津波の想定浸水深
【想定 到達時間】日本海溝(三陸・日高沖)最大クラス地震津波 日本海溝(三陸・日高沖)最大クラス地震による津波の想定到達時間
※地震発生から浸水深30cmの津波が到達するまでの時間を表しています。

補足

東北地方太平洋沖地震による津波の浸水実績は、国土交通省都市局により作成されたものです。詳細については、下記をご参照ください。

  • 復興支援調査アーカイブ (opens new window)
    • 浸水域は、国土地理院の津波浸水範囲図や震災後の航空写真を参考に、現地確認を行い、どこまで津波が到達したかを把握した。
    • 浸水深は、現地の浸水痕の実測を基本として作成された。浸水痕が残っていない場合は既存資料等を参考とした。また、それらによる浸水深の把握が困難な場合は、近傍点の値から浸水深を補完し、把握した。
    • いずれも正確性を保証するものではない。

補足

日本海溝(三陸・日高沖)最大クラス地震の詳細については、下記をご参照ください。

# 土砂災害警戒区域

岩手県により指定された土砂災害の警戒区域を表示します。
土砂災害警戒区域は、種別ごとに表示/非表示を切り替えられます。

# 土砂災害の種類

急傾斜地の崩壊
地面にしみ込んだ水が斜面をゆるめ、雨や地震などの影響によって急激に斜面が崩れ落ちること
土石流
山腹や川底の石や土砂が、長雨や集中豪雨などによって一気に下流へと押し流されること

# 土砂災害警戒区域と土砂災害特別警戒区域

土砂災害警戒区域
急傾斜地の崩壊等が発生した場合には住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で、土砂災害を防止するために警戒避難体制を特に整備すべき土地の区域
土砂災害特別警戒区域
上記土砂災害警戒区域のうち、急傾斜地の崩壊等が発生した場合には建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で、一定の開発行為の制限及び居室を有する建築物の構造の規制をすべき土地の区域

# 指定緊急避難場所・指定避難所

各災害に対応する指定緊急避難場所、指定避難所を表示します。

指定緊急避難場所
災害が発生、または発生するおそれがある場合、その危険から逃れるため一時的に避難し身の安全を確保する場所。災害の種類ごとにそれぞれ、安全を確保できる場所が指定される。市が地域に避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告、避難指示(緊急)を発令したとき開設する。
指定避難所
災害により住宅に危険が予想される場合や住宅が損壊した場合など、生活の場が失われた場合に、一時的な生活の本拠地として滞在する場所です。
福祉避難所
災害時に一般の避難所において、避難所生活が困難な高齢者や障がいのある人など、何らかの特別な配慮を必要とする方が避難する施設。なお、福祉避難所は、必要に応じて開設される二次的避難所であり、最初から福祉避難所として利用することはできません。